「ソナチネ」の歌詞 THE JETZEJOHNSON

2015/5/20 リリース
作詞
瀬戸じゅにあ
作曲
瀬戸じゅにあ
文字サイズ
よみがな
hidden
げつけたグラスがりながら ゆるやかにときもどした
なかむおだやかなひかり テーブルをかこ見慣みなれた景色けしき
ナイフフォークにぎりしめてたたいてらして うたがうことなく永遠えいえんしんじた
たりまえかえした景色けしきが とてもうつくしく とてもはかなくて
ありふれた日々ひびかさねた瞬間しゅんかんなか すべていとしく すべてはかなくて

まだあたたかい いつものつくりかけ
のこしてくれた かけがえのないもの
たりまえにおとずれた景色けしきが とてもうつくしくとてもはかなくて
ありふれた日々ひび しろぬのけられ 永遠えいえんわりらされぬまま
ナイフフォークにぎりしめ テーブルに一人ひとりだけ

たりまえかえしたすべてが もどらない いとしいものばかり

ありふれた日々ひび のぞなにわるい おだやかな日々ひび すべてはかなくて
ナイフフォークててグラスをつかんだ

たりまえかえしたすべてが とてもうつくしく とてもはかなくて
ありふれた日々ひびかさねた瞬間しゅんかんなか すべていとしく すべてはかなくて
ナイフフォークにぎりしめてじる いまも見守みまもる おだやかなひかり