「忘れる魔法」の歌詞 THE JETZEJOHNSON

2015/5/20 リリース
作詞
瀬戸じゅにあ
作曲
瀬戸じゅにあ
文字サイズ
よみがな
hidden
ちあがる花火はなび人波ひとなみらした
りすぎたぼくらは のひらをかさねた
かしこひとたちの わらごえひびいた りすぎたぼくらは 魔法まほうとなえだした
ぼくらがのぞんだのは ありふれた明日あした
えないひかり ただそれだけをもとめたんだ
えないひかり ただそれだけをもとめたんだ

かしこひとたちの わらごえひびいた ちあがる花火はなびかげらした
ぼくらがのぞんだのは ありふれた明日あした
ぼくらはどこで間違まちがえたんだろう
かがやきをわすれる魔法まほう きながらとなえた
えないひかり ただそれだけをもとめたんだ

それでも ここで二人ふたりながめた景色けしき
世界せかいのどこよりも 綺麗きれいはかなくて いつまでもえずに

ぼくらがのぞんだのは わらない世界せかい ぼくらはどこで間違まちがえたんだろう
ぼくらがのぞんだのは ならんである明日あした
かがやきをわすれる魔法まほう きながらとなえた
ぼくらがのぞんだのは ありふれた明日あした
えないひかり ただそれだけをもとめたんだ
世界せかいのどこよりも 綺麗きれいはかなくて
いつまでもえずに いつまでもおぼえてんだ