「夕暮れの空」の歌詞 THE NEUTRAL

2013/10/23 リリース
作詞
三木茂
作曲
三木茂
文字サイズ
よみがな
hidden
さくらはなびらがちるころに いつもの並木道なみきみち偶然君ぐうぜんきかけた
出会であがしら 一瞬いっしゅん心奪こころうばわれた 今思いまおもえばあれがすべてのはじまりだったんだな
こいすることとはおろかなことだ」なんて よくったものさ このぼくだって例外れいがいじゃないさ
間違まちがったフリをしてメールをしたり 無理矢理用事むりやりようじつくっては電話でんわをしたり
すききだとってしまえば すべてがわりそうで
ちかづけばちかづくほどとおくなる いたくて えなくて
何度なんどつぶやいた きみ名前なまえ
夕暮ゆうぐれのそらがとてもせつなくて まるでぼくこころのようで
つたえきれないぼくおもいよ かぜって夕陽ゆうひまれ

それは秋晴あきばれの木曜日もくようびだった ぼく全身全霊ぜんしんぜんれいかけておもいをけたんだ
きなんだ きみのこと ずっとまえから』
きみわらいながらだまってぼくにぎった
世界中せかいじゅうひとたちに このこいつたえたくって
スキップまじりのかえみち うれしくて うれしくて
どうか神様かみさま見守みまもってください
夕暮ゆうぐれのそらがとてもやさしくて まるでぼくらのこころのようで
つたえたぼくあい言葉ことばかぜって夕陽ゆうひまれ

あれからいくつもの季節きせつぎて いくつもの笑顔えがおなみだ二人ふたりをすりけた
うたがったり きあったり たりしたり 生活せいかつなかえた約束やくそくもいくつかあった
いつかきみがつないでくれたこのぼくはこのさきもずっとはなさずにあるいていくよ
きみ人生じんせい のこ全部ぜんぶ ぼくにくれないか?ぼくまれてきた意味いみをすべてきみにあげるから

今日きょうまでの日々ひびなか一人部屋ひとりへやいたよるもあるだろう?
もう我慢がまんしなくてもいいよ 大丈夫だいじょうぶ 大丈夫だいじょうぶ
これからはぼくがそばにいるよ

夕暮ゆうぐれのそらちかいをてた きみかならしあわせにすると
しずみゆく夕陽ゆうひせつなくないように ぼくきみまもっていこう
きみかなしみもぼくよろこびも すべて二人分ふたりわっていこう
夕暮ゆうぐれのそらねがいをめた ぼくらの未来みらいかがやきますように