「日曜日の太陽」の歌詞 なるたる-骸なる星 珠たる子- OP THE NEUTRAL

2013/10/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
よくれた日曜日にちようびあさぼくわせのあの場所ばしょ
わらいあう子供達こどもたちながめながら きみるのをずっとっていた
放物線描ほうぶつせんえがいていくボールが ぼくまえつよおおきくねてた
何一なにひとわらない風景ふうけいだ あとはここにきみがいれば
淡々たんたんながれるこの世界せかいが なんだかぼくだけをここにいてくようで
くもぼくかくしてはくれなくて やけに太陽たいよういた日曜日にちようびだった

きみきだったあのうたぼくきだったあの言葉ことば
ぼくらがちかいあったあの言葉ことばいまはもうとおえていく
単調たんちょうえたあの日々ひびいまぼくにはもどすこともできない
おもにしがみつくぼく見透みすかしたように 太陽たいようはやけにぼくしていた

どうしてもきみつたえきれなかった言葉ことば
またひとりくりかえ

いつかきみはなしていた あのころよりぼくも「つよくなろう!」と
だけど こぼれるなみだこらえてつよがっても もういまぼくよこきみがいなくて
淡々たんたんながれるこの日々ひびに あのころぼくらのかげさがしてたんだ
だけど やけにりつける日曜日にちようび太陽たいようは もうきみないことをってるようで

きみはもうないとわかってた それでもぼくはずっとっていた
太陽たいようはやがてあかまり きみはもういないとったんだ