「鏡の国の二人」の歌詞 THE NOVELS

2010/1/27 リリース
作詞
Mao Takeuchi
作曲
Mao Takeuchi
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかになろうとしてだれにもなれなかった
ぼくらはずっとそれをいたんでいて
あるしてしまった理由りゆうだれかのせいにしている

むねおくなにかがあって
そいつがいつも邪魔じゃまをするんだ
したくてくちひらいた
あふれてくるのは

いつわりのぼくうただった きずわすれるためのうただった
こころよわさをまもるためのうただった
でもそのもないうたたすけられてもいた
そしてそれがなつかしいのはなぜだろう?

あれほどからなかった本当ほんとう自分じぶんのこと
きみといるとすこかるんだ
不思議ふしぎなこともあるもんだ
もしかしたらずっとまえ ぼくらはひとつだったのかい?

そのいつわりのきみうただって なみだらしてきたうただって
こころこころつなぐためのうたなんだ
つまりそのもないうたこそ ひとあこがれた永遠えいえん
唯一ゆいいつのものなのでしょう

たとえばきみ世界観せかいかん物体映像化ぶったいえいぞうかできたとして
その完成大試写会かんせいだいししゃかい見物人けんぶつにん
「はいそうですか」ってったりして
拍手はくしゅもなしでかえりやがったら
ぼくなぐりますよ そいつらを
言葉ことばきたなくてごめんね

でも そんなもんでしょう?
きみぼくかがみです
きみわらうときはぼくわらっていたいのです

たった一人ひとりまもりたいんだ
たった一人ひとりそばにいたいんだ
だれにもなれない馬鹿ばかった

よわくて
つよ
言葉ことば

一人ひとりひとつになった
二分にぶんいちが いまいちになった
こころのスピードにはじめていつけたんだ
奇跡きせきこってたんだ
きみぼく出会であったとき
そしてそれはもとめていたものだろう