「瓢箪山の駅員さん」の歌詞 THE ORAL CIGARETTES

2013/8/28 リリース
作詞
山中拓也
作曲
山中拓也
文字サイズ
よみがな
hidden
夕方ゆうがた改札かいさつとおぼく
1駅前えきまえふかねむりにつく

だんだんあたりはくらくなる
そこにわらったおとこかお
あか血痕けっこんばしたふくおおわれた
さんざん奇妙きみょうおと
ゆえに聴覚ちょうかくさえもころすみたい
きみはずっとぼくなにかをうったえていた

ちょうになってぼくをとあるえきれていく
びついた線路せんろ一人ひとり

瓢箪山ひょうたんやまえきえていった駅員えきいん姿すがたさがします
顔色かおいろえずんだ世界せかい一体いったい何色なにいろだっただろう
かさがさねにこるこのことけんぬふりする人々ひとびと
こっちへいと手招てまねきしながら一緒いっしょ手合てあわせあそびましょう

ゆらりゆらりゆらり そこでぼくたのは
勇敢ゆうかん駅員えきいん少女しょうじょにぎ姿すがたしていった

あーあ ゆめからめたぼくまえには
あーあ おなをした少女しょうじょ姿すがた
現実げんじつはそう残酷ざんこく
そのらないかおをしてた
わらない迷路めいろ一人ひとり

瓢箪山ひょうたんやまえきえていった駅員えきいん姿すがたおも
顔色かおいろえずんだ世界せかい一体いったい何色なにいろだっただろう
きみつたえたぼくへのメッセージ
ったいまえるのは
ぼくなんだといま気付きづいた