「Four Seasons」の歌詞 THE YELLOW MONKEY

1995/11/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まずぼくこわ
退屈たいくつ人間にんげんはごめんだ
まるで思春期ししゅんき少年しょうねんのように
いじるよろこおぼえたて むねさわぐのさ
あたらしい予感よかん あたらしい時代じだい…Come on

馬鹿ばかのままでいい 馬鹿ばかのままがいい
よけいなInput いらない ありのままがいい
おとこらしいとかおんならしいとか
そんなことどうでもいい
人間にんげんらしいきみ

In changing time'n four seasons I'm crying
うつくしい希望きぼう季節きせつ
In changing time'n four seasons I'm crying
ねえさがしにかないか?

まずぼくこわ
退屈たいくつ人生じんせいさよなら
きみだれよりもやさしいくちづけを
アンコールはない ねばそれでわり
ストレートにこうぜ
まわみちきら

人様ひとさま迷惑めいわくとコーヒーはかけちゃいけない
そんなの自分じぶんめられるさ ただの馬鹿ばかじゃない
これからはじまる世界せかい不安ふあんがいっぱい
大人おとな危険きけん動物どうぶつだし 場合ばあいによってはひところすぜ
ヤケドしそうな あつぼくのコーヒーは
ミルクもシュガーもれない

In changing four seasons I'm crying
うつくしい希望きぼう季節きせつ
In changing time'n four seasons I'm crying
すぐそこまでちかづいてる
だけど勇気ゆうきりない ちからりない 時間じかんりない
かねりない 空気くうきりない いのちりない
だからまずぼくこわ全部ぜんぶりないから
まずぼくこわ
全部ぜんぶしいから