「JAM」の歌詞 THE YELLOW MONKEY

1996/2/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
くら部屋へや一人ひとり
テレビはつけたまま
ぼくふるえている
なにはじめようと
そとつめたいかぜ
まち矛盾むじゅんあめ
きみねむりのなか
なんゆめてる?
時代とき裏切うらぎりもかなしみも
すべてをぼくにくれる
ねむれずにさけぶように
からだはあつくなるばかり
Good Night かぞえきれぬ
Good Night よるえて
Good Night ぼくらはつよ
Good Night うつくしく
はかなさにつつまれて
せつなさにいしれて
かげかたちもないぼく
素敵すてきものしいけど
あんまりってないから
きなうたうた
キラキラとかがや大地だいち
きみいたい
この世界せかい
なジャムをって
べようとするやつがいても
あやまちをおかおとこ
涙化粧なみだげしょうおんな
たとえ世界せかいわろうとも
二人ふたりあいわらずに
Good Night かぞえきれぬ
Good Night つみえて
Good Night ぼくらはつよ
Good Night うつくしく
あのえら発明家はつめいか
凶悪きょうあく犯罪者はんざいしゃ
みんな昔子供むかしこどもだってね
外国がいこく飛行機ひこうきちました
ニュースキャスターは
うれしそうに
乗客じょうきゃく日本人にほんじん
いませんでした」
「いませんでした」
「いませんでした」
ぼくなにおもえば
いいんだろう
ぼくなんえば
いいんだろう
こんなよるいたくて
いたくて いたくて
きみいたくて
きみいたくて
また明日あしたをまってる