「太陽と砂漠のバラ」の歌詞 TOKIO

2009/8/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あの日描ひえがいた砂漠さばくのバラは まだうねおくいてる
いつかててくこの世界せかいいのちあめそそいでみろ

のどまるにがどくてては
からっぽなひとみうつがかりな未来みらい
かわききったこころうそのたび
きそうな自分じぶんなかに“なにか”をさがしてた

あぁ...今日きょうもまた いて はなてぬかせ
くびけたまま いずりまわっている

あの日描ひえがいた砂漠さばくのバラを 今胸いまむねおくかせる
れる街並まちなみけた日々ひび記憶きおくんで
つづけてくゆめばかりでは あいするひとさえまもれない
さったままのとげまだあるなら いのちあせそそいでみろ

出口でぐちのないこたえばかりにいて
これまで何度なんどつぶやいた“フザけんな”をわすれない

あぁ...ともすれば いきまりそうなくさび
完膚かんぷなくたれても がりすすんで

だれかをまもだれかのうそ傲慢ごうまん刃差やいばさける
きなぐった正義せいぎたてきづいかりの鐘鳴かねならせ
はがねのようなちからなくても そのくさりきちぎり
裏切うらぎりのやみ勇気ゆうきあるなら かためた拳振こぶしふりかざしてみろ

まちあかりがにじんでいくほどにごったみずをかっらって
すべてをわす彷徨さまよっても現実げんじつきば
がたいこの毎日まいにちひらためたたかつづけろ
これからもずっと

あの日描ひえがいた砂漠さばくのバラは まだむねおくいてる
たせぬままの野心やしんかかえて とびらをこじけろ
にぎめてる砂漠さばくのバラを いつまでもらさないように
明日あすつづくだろういばら世界せかいいのちあせそそいでみろ

試練しれんのような太陽たいようしたで...