「微熱」の歌詞 TRANSTIC NERVE

2000/7/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かる目眩めまい うつろなゆめ
なにえずにまど
しいのはたしかないま
いならされた
ときじゃない いまでも
なまぬるい自由じゆうなら
なにわずにささげよう
められない
おさえきれない
たしかな鼓動こどうまか
いつもおもえがいてた
高鳴たかな感情覚かんじょうおぼえた
すべてをてても
かなえてみせたい
けつくような胸騒むなさわぎを
かんじたいだけなんだ
けそうなよる
ふれたくて とどかなくて
くるおしいほど
このおもいはせない

クダラナイ問題もんだいなら
いますぐここに
いていこう
うすれゆく「存在そんざい」の意味いみ
たしかめたくて した
けっしてかないとめた
あのから
わかっていたさ
すべてをかかえて
あるいていけない
ふるした胸元むなもとには
いま たしかなほのお
けそうなよる
きみとならイケるはずさ
わることのない
物語ものがたりはじめよう

何故なぜ いつでも
うしなわずには
つかめないの?
あぁ どれだけ
べても
とどかない
けつくような胸騒むなさわぎを
かんじたいだけなんだ
けそうなよる
ふる指先ゆびさきから
あふれるまよいを
てたらはじめよう