「33」の歌詞 TRICERATOPS

2006/6/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらしいやつをおう」 決意けついする街角まちかど
きみったこのジーンズ 今日きょうでおさらばだよ
きみのぬくもりは もうえてしまったな
右手みぎてのコーラがつめたいのも関係かんけいはない

だけど歩幅ほはばのリズム くるわすこのレングス
そのたびしまったはずの きみむねをかすめる

ポケットにんだ きみわすれたかったよ
ジーンズのすそ きずったとき おも
きみあるいたみち たしかにかがやいていた

おもえば物中ものちゅう きみはまた試着中しちゃくちゅう
ぼくもちょっとふといジーンズいたまままよちゅう
イメージとちがうから めようとおもってた
でもきみった「それ似合にあうよ っちゃえば?」

何気なにげないことだけど その時強ときつよくなれたのさ
つくげた限界げんかいは きっとえられるものだって

ギュッとつかんだよ あのきみ日差ひざしのなか 顔上かおあげて
ぼくらはこんな出会であいによって 自分じぶん可能性かのうせい
つかまえられるんだって いてかぜった

きみったジーンズは やっぱてなくていいや
こしのベルトつかんでズリげて あるくよ とも明日あした

ポケットにんだ きみはいつでもいるよ
ジーンズのすそ きずったとき おもそう
きみえてかった yeahイェー yeahイェー

ギュッとつかんだよ あの日々ひび日差ひざしのなか 顔上かおあげて
みせのウィンドーうつんだ 自分横目じぶんよこめ
チェックれたら そこに あたらしいぼくってた