「回遊魚」の歌詞 TRIPLANE with DAISHI DANCE

2014/2/19 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
DAISHI DANCE,江畑兵衛,守屋友晴
文字サイズ
よみがな
hidden
ひたすらをつないで
非日常ひにちじょうつないで
みちうえぼんやりして
まよいそうでなやみそうで

無数むすうえる枝分えだわかれ
でも結局けっきょく みち一本いっぽんかもなんて
れながら とまどいながら もと
かえしで

とどきそうなものだけつかんで
とどきもしない未知みち頂上ちょうじょう
また藻掻もがいたり足掻あがいたりして
期待きたい現実げんじつむす

ひかりではなく かげでもなく いろでもない
そんな幻想げんそうもとめて
げながら いながら つなわたるように
ぼくわす
りして リペアして いきをして
過去かこ」と「いま」と「未来みらい」をえが
えながら いながら
ぼくつぎなみへと

うんざりして ほうして
でもつないでく またつないで
みちうえ ぼんやりして
まよいそうで なやみそうで

無限むげんえる可能性かのうせい
じつはとっくに使つかたしているかもなんて
れながらとまどいながらしては
ほんうらころがして

意味いみもいらない こたえもいらない
そんな日常にちじょうすこきながら
何遍なんべんかえっては
足取あしどりを証拠付しょうこづける

言葉ことばではなく あいでもなく こいでもない
そんな真実しんじつもとめて
りもせず くび皮一枚かわいちまいぶらげて
あさむかえる
などではなく ろんでもなく
まして時流じりゅう伝統でんとうなんかでもない
らぬに それなのに
ぼくつぎなみへとまたんでいた

やすらかなねむりのゴールまで
およがせてよ つからずなんだ
かぞえきれないやさしさとぬくもりと愛情あいじょううずけて
おとく ただ ヒレをばたつかせて
自由遊泳じゆうゆうえいしてんだ

ひかりではなく かげでもなく いろでもない
そんな幻想げんそうもとめて
げながら いながら つなわたるように
ぼくわす
りして リペアして いきをして
過去かこ」と「いま」と「未来みらい」をえが
えながらいながら
ぼくつぎなみへとまたむん