「光」の歌詞 TRIPLANE

2010/3/10 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
うつなこんな季節きせつ
ただそらにまどろみ
くびいた毛糸けいと
きみおも笑顔えがおになれる

もうどれくらい
おだやかな気持きもちになれているんだろう
不思議ふしぎだ まるで
ときながれにれているがしてくる

たたかいの日々ひびよわぼく
またきみひかりこと
いたみをして
何度なんどだってがれる

後悔こうかいこたさがしのたび
まよいのてに ひと
たったひとるぎない灯台とうだい
見付みつけるのかな

薄暗うすぐら未来みらい臆病おくびょうぼく
きみひかりこと
からういくつもの
矛盾むじゅんした感情かんじょう
辻褄つじつまわせる

時代じだいをかすめるかぜ
いくらつめたくても
ぼくらはいつもむね
あいたたえてけるかな

かなしみがきみやみおおうなら
今度こんどぼくひかりになれるから
そっとむすんで
むねわせ いのりながら
だれにもえなくて
ちいさなひかりでエールをおくろう
ずっとやさぬように