「妖花」の歌詞 TRIPLANE

2010/11/10 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
あの日遠ひとおまちかげなか
れてたひかりそれがきみだったなら
あのねおおきなこえじゃえないけど
いまだにゆめるよって
わらえたかな

それはとおざかるくもにあずけた
他愛たあいもなくほんのちいさなたね どうして
ぼくらははなればなれをえらんだの?
いた妖花ようかいま
そう かすように

やさしいそのこえいまでも
むね時折ときおりしあわせ」を主張しゅちょうしてる
かぞれないあい
両手りょうてかかえたまま
ぼくはまたひとごと

いフレームのなかのあの妖花ようか
何故なぜだかかおりをはな
手招てまねくように
「おいで おいで」ってぼくさそうけれど
こころかぎけてざされたまま

あいえたぼくひら
ずっとずっときみあいとおしてみたって
なん価値かちいとかすけど
はな依然いぜんぼくうなが
そう うたうように

やさしいそのこえいまでも
むね時折ときおりしあわせ」を主張しゅちょうしてる
かぞれないあい
両手りょうてかかえたまま
ぼくはまたひとゆめなか

やさしいそのこえいまでも
むね時折ときおりしあわせ」を主張しゅちょうしてる
かぞれないあい
両手りょうてかかえたまま
ぼくはまたひとだれかのもと