1. 白い花歌詞

「白い花」の歌詞 TRIPLANE

2013/1/23 リリース
作詞
Hyoue Ebata
作曲
Hyoue Ebata
文字サイズ
よみがな
hidden
寒空さむぞら下凍したこごえそうなみち
おも足取あしどりで辿たどりながらも
きみ見付みつけたはないていて
おもわず笑顔えがおがこぼれそうになった
あのなつかしい場所ばしょ
つめたいあめしずくがこぼれて
かさにもかえるけど
かじかんだあたためるものが
ぼくにはポケットと片方かたほうしかいさ

らしてかぜいてる
すこしのぬくもりだけのこして
おももまたいろちては
自然しぜんわすれてときながれるなら

きみぼくにぎった拍子ひょうし
途切とぎれかけていた気持きもちのいとつながる
あたたかいそのにぎかえせない
ぼくまえしろはなれていた

なみだあとこおらないうちに
つめたかったあめゆきにかわっていった
ふるえるぼくかたたたくように
ゆっくりとやさしくしろはなびら

もえるようにあか色付いろづ並木なみき
しずかにりるゆきたよりなさに
ほそ身体からだぼくにあずけて
ねむったきみのことをそっとかさねてみた

このむねなかきみそだてたやさしさのはな
だれかをおもって芽吹めぶいた
かわいたこころれないように
ぼくはいつもやさしいだれかをさがしている

とおすぎる場所ばしょでもぼく
しろはな見落みおとすことなくめる
きみとどところまで
このかぜいてくれるだろう
そこではなはきっとあの日僕ひぼくんだものさ
いまだれかをさがしてれてるはずなのに
あの場所ばしょったら本当ほんとう気持きもちがこぼれる

きみぼくにぎった拍子ひょうし
途切とぎれかけていた気持きもちのいとつながる
ぼくひらやさしくつつ
きみのそのにぎかえせずにうつむいた
一人ひとりぼっちだけど こころなか
きみそだてたあのしろはな
れないようにずっとやさしいだれかをってる