「遠く吹く風」の歌詞 TRIPLANE

2010/3/10 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
踏切ふみきりこうがわひろがる
都会とかい景色けしき ぼんやりとしばらながめてた
気付きづかないうちに すこしずつあきめいている
高層こうそうビルの谷間たにまかぜ
すこつめたいよ

街路樹がいろじゅとはちがいろしたがあって
とお故郷こきょうかぜはこんでたのかな

このおもいだけが ずっと
あたまめぐって
このまち人々ひとびともみんなやさしいから
心配しんぱいしなくてい」って
方角ほうがくらないそらながめても
こえるはずはないけど

かぞれないおもよみがえ
薄紫うすむらさきたかそら ながびる影法師かげぼうし

とおくでいているかぜぼくらをんでいる
かずにこらえても なみだ途切とぎれない

部屋へやかべかった
カレンダーをまためくっている
むかしよりもはや時間じかんすすむから
見違みちがえるほどぼくらがわっていたって
かぜたびもどしてよ

またおも弱音よわね
だれこえないところまでばすよ

このおもいだけが ずっと
あたまめぐって
このまちぼくらは大人おとなになってくよ
見違みちがえるほどに もしもわってっても
かぜおこるな
わすれやしないよ いつも
どんなぼくらになろうとも