1. HUTCH歌詞

「HUTCH」の歌詞 TRIPLANE

2015/2/25 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
人間にんげん」っていてみたなら たったの二文字ふたもじ
あい」や「こい」にいたっては 無論むろん それ以下いか
なのにぼくらはそれすらも不自由ふじゆう日夜にちや あくせく
まわされ みだされています

正解せいかいいと裏切うらぎられちゃったりで
しあわってないか?なんて まくてて
購入こうにゅうしてにしているやつるらしいっていて
そのせいで また 気分きぶんおだやかじゃないんだ

モノクロの情熱じょうねつやさぬように
はいになりかけの希望きぼうきしめて

軽々かるがるしいにおいでさそきみえてる
あたまじゃ遮断しゃだんしてるけど 本能ほんのうれる
セキュリティーは解除かいじょされ 侵入者しんにゅうしゃおもうがまま
そんなぼくしてよ
かたざした「ぼく」というおりなかから

教育きょういくされた ぼく変態へんたいはたら快楽かいらく
想像そうぞういきえないが きっと 終身刑しゅうしんけい
なのにぼくらは「いつしか きっと」っていのりをヤメない
可能性かのうせいなんてのは 不渡ふわたりになるのが相場そうば

わる予感よかんって まえく そんな仕事しごと
「もう限界げんかい」と「まだ挽回ばんかい」の境目さかいめ
うらおもていけど
かすかなひかりつめたいかべ隙間すきまかられてる
明日あしたしんじて うやまって あがててくんだ

逆立さかだちした幻想げんそう」と嘲笑あざわらうように
現実げんじつ今日きょう希望きぼうくびめる

いかがわしいセリフでまどわすきみえてる
あたまじゃ処理しょりれないけど 本能ほんのうんでる
キャパシティーをひろげて その魔法まほうれるから
散々さんざん ぼくなやませてよ
まえにそのかぎこわして

意固地いこじになって過去かこをまたいで仁王立におうだ
何故なぜ こんなにも執拗しつよう
自分じぶん対峙たいじして 未来みらいさがすの?
ふとした拍子ひょうし 予期よきせぬかたち背中せなかされ
こじけたとびらこうには なに
またあたらしいスタートに自分じぶん

じゃぁね バイバイ また明日あした
だれかのうたこえる
とおくなる意識いしきなか
ほんのすこわらえた

軽々かるがるしいにおいでさそきみえてる
あたまじゃ遮断しゃだんしてるけど 本能ほんのうれる
セキュリティーは解除かいじょされ 侵入者しんにゅうしゃおもうがまま
そんなぼくしてよ
かたざした「ぼく」というおりなかから
くせがついてしまって
ゆがんでるけど