「Jelly」の歌詞 TRIPLANE

2015/2/25 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
だいぶ遠回とおまわりをして
多分たぶん 時間稼じかんかせぎしていた
きみ出逢であうまでのそのあいだ
じっとってたかのように

無駄むだりぶつけって
りないものはおぎなって
やがてふたつの「まる」になって
そんな理想りそうなんかどうだって

青春せいしゅん」なんてのは
文字化もじばけした ただのまやかし
なんてたかをくくっていたのに
今更いまさら とんだピエロ えんじてしまうのか

間違まちがいだらけの 世間知せけんしらずの きみじゃなくちゃ
ぼくは こんなふう夢中むちゅうになってはいないだろう
ほこきみ不適ふてき笑顔えがおかべながら
ぼくをあやす その仕草しぐさ いたいてるね いとしいよ

不揃ふぞろいの背中せなかならべて
雨上あめあがりのベンチに腰掛こしかけて
したそら きみすこって
ぼくかたにもたれかかる

ジェリービーンズの欠片かけら
無理矢理むりやり ぼくくちからついば
こんなかたちあさるなら
最後さいごあまいカクテル
もうらなかったな

むだけの 愚痴ぐち不満ふまんを「日常にちじょう」とんで
消化しょうかしきれず逆流ぎゃくりゅうして またあたまんでる
きみえれば すこえるかもれないだなんて
打算ださんだけの気持きもちなら ほかだれでもいはずなのに

大切たいせつ」なんて言葉ことば
都合良つごうよってたけど
本当ほんとう意味いみ実際じっさい どうなの?
おしえてよ きみおもって またよるむかえる

間違まちがいだらけの 世間知せけんしらずの ぼくになって
なにかんがえず いまきみきでいていかな
りないあたまで ひねりしたこたえにうなずきながら
はな笑顔えがお やけにやさしさでちてるね いとしいよ
アメとむちみたいな そのやすらぎでぼくたしてよ