「brunch」の歌詞 TRIPLANE

2014/2/19 リリース
作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛
文字サイズ
よみがな
hidden
カンカンと踏切ふみきりおと
商店街しょうてんがい人々ひとびと
ぼく自販機じはんきでタバコを
線路沿せんろぞいのまち きみかんだ

昨日きのう残業ざんぎょうこたえた
てないつづいてこじれた
今年ことし風邪かぜ」っていたいつものそれ
きみはどうしてるかな

ずっと何処どこかにりになって
さがしてたぼくのこんな感情かんじょう
いとも簡単かんたんきみして
わらってぼくしたんだ
まだなんとなくでしかないけれど
でもなんとなくわかってたような
そんな気持きもちはだれのものでもない
ぼくきみがいた それだけなんだ

やわらかな昼下ひるさがり
でも気持きもちはすこしもれてない
かとってあめけるでもないよ
って「なんてね」ってわらった
いたうそ いつわつよがり
やさしさもつめたさも半端はんぱぼく
多少君たしょうきみ気付きづいてた
すこしだけおこってゆるしてくれた

うっかりといてけぼりになって
いていたきみのそんな感情かんじょう
試行錯誤しこうさくごしてぼくして
わらってきみしてあげるよ
まだなんとなくでしかないけれど
でもなんとなくわかってたような
そんな気持きもちはだれのものでもない
ぼくきみがいた それだけなんだ

ぼくゆめかたった
きみらしをった
未来みらいはなしもした
まちはただの昼下ひるさがり
ぬるめのカップティーをって
二人寄ふたりよって
ただベンチにならんで

ずっと何処どこかにりになって
さがしてたぼくのそんな感情かんじょう
何故なぜだか今頃君いまごろきみして
わらってぼくしたんだ
まだなん確証かくしょうもないけれど
でもちょっとだけわかってたような
そんな気持きもちはだれのものでもない
ぼくきみがいる それだけで