「女神達よそっとおやすみ」の歌詞 TUBE

1993/6/19 リリース
作詞
前田亘輝
作曲
春畑道哉
文字サイズ
よみがな
hidden
なにかに傷付きずついて
なみだながたび
つよくなってくきみ
ときにはさみしさに
しつぶされそうなよる
平気へいきなフリして
けずぎらいなのは
わかるけれど
せめてぼくまえでは
素顔すがおのまま
いてもいいよ
無理むりすることはないよ
すこねむりなよ
こころにウソついて
きることない
だれだってそんなに
つよくないから
しんじてごらんよ
まえぼく
ほらもうきみ
一人ひとりじゃないさ
けないことだけが
すべてじゃない
ただしいことはいつも
ひとつじゃない
あいするために
ぼくらはまれた
かなしき時代じだい
女神達めがみたちよそっとおやすみ

たがいにもと
うばうだけなんて
かなしすぎるねこい
にもとまらぬほど
うつなかひと
そうもいかなくて
なさけないおとこ
おおいだろうけど
あいすることだけは
やめないでね
君以外きみいがいには出来できない
いのちのともしび
いつかかがやかせて

こころにウソついて
きることない
だれだってそんなに
つよくないから
しんじてごらんよ
まえぼく
ほらもうきみ
一人ひとりじゃないさ
けないことだけが
すべてじゃない
ただしいことはいつも
ひとつじゃない
あいするために
ぼくらはまれた
かなしき時代じだい
女神達めがみたちよそっとおやすみ