「終わらない夢に」の歌詞 TUBE

1994/6/15 リリース
作詞
前田亘輝
作曲
春畑道哉
文字サイズ
よみがな
hidden
傷付きずついたり
なみだながしたり
ときにはくじけたり
けそうなとき
気付きづけばささえてくれてる
それが友情ゆうじょう
これからはえらんだ人生みち
それぞれにあるすけど
とおはなれても
卒業そつぎょうしても
こころ一緒いっしょ
(約束やくそくだよ)
ゆめはデッカくおおきく
少年しょうねんのまま
バカにされたって
こいはげしくつよ
不器用ぶきようでも
っすぐいて
いつか又逢またあ
とびきりのあの笑顔えがお
かがやいてしいよ
わらないゆめ
校舎こうしゃうら
ゆるせぬことばかり
指折ゆびおかぞえたら
げてくる
涙交なみだまじりのタメいき
そら見上みあげた
何度なんどでもいたっていいさ
ころんでもきればいいさ
どこかの都会まち
きっとあいつも
くいしばってるはず
(しんじてるよ)
むねきざんだあつおも
まちがってないさ
きっとえられるね
つらよる
一人ひとりじゃないから
何年先なんねんさきだって
わらないそのひとみ
かたかしたいよ
友達ともだちだから

(約束やくそくだよ)
ゆめはデッカくおおきく
少年しょうねんのまま
バカにされたって
こいはげしくつよ
不器用ぶきようでも
っすぐいて
むねきざんだ あつおも
まちがってないさ
きっとえられるね
つらよる
一人ひとりじゃないから
いつか又逢またあ
とびきりのあの笑顔えがお
かがやいてしいよ
わらないゆめ