「隕石の確率」の歌詞 Team B(AKB48)

2015/1/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
上田晃司
文字サイズ
よみがな
hidden
天文学てんもんがくてき確率かくりつだよね
学者がくしゃたちもおどろいた
コンピューター 計算上けいさんじょうじゃ
絶対ぜったい なにかの間違まちがいだろう

ある突然とつぜんそらから
巨大きょだいな そう 隕石いんせきみたいに衝突しょうとつした
奇跡きせきひと

何億なんおくねん一度いちどきりの
出会であいだとおも
ありえないんだ ありえないんだ
このひろ宇宙うちゅうで・・・
何億なんおくねん一度いちどきりの
こいのインパクト
しんじられない しんじられない
このむねにできてるいとしさのあと

ながぼしなら たことあるよ
すぐにえてしまうけど・・・
ほのおつつまれたって きないで
地上ちじょうとどいたあいかたまり

過去かこ文献ぶんけんをひもといても
ここまでの そう たしかな気持きもちはつからない
価値かちあるひと

この世界せかいわるような
ニュースだとおも
もっとりたい もっとりたい
いま きた現実げんじつ
この世界せかいわるような
ほしのサプライズ
一目惚ひとめぼれだよ 一目惚ひとめぼれだよ
きみのこと ってた悠久ゆうきゅうとき

予言よげんしょにもかれてない
こころ隕石いんせき
そんな馬鹿ばかなと そんな馬鹿ばかなと
何度なんどもつぶやいた
何億なんおくねん一度いちどきりの
"まさか"だとおも
えてよかった えてよかった
あたらしい気持きもちがまれた事実じじつ

だれかにはなしたかった
いま 目撃もくげきしてることを
にも不思議ふしぎ恋愛れんあい
わたしのヒストリー