「支え」の歌詞 Team K(AKB48)

2015/1/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
太田美知彦
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であったのは
一昨年おととしだった
おなゆめ
目指めざひとたち

年齢ねんれい
んでるまち
バラバラだった
十七じゅうしちにん

馴染なじめずに
はなしもできず
孤独こどくかんじた
数ヶ月すうかげつ
つらかった
あのレッスンを
ともごして
づいた

仲間なかまはいつだって
ここにいる
わたし一人ひとりきりではないんだ
一緒いっしょ
あのほしている
みんながいること
ささえだった

ほかほし
つけてった
彼女かのじょいま
こころのメンバー

あたらしい
後輩こうはいえて
まれわった
十六じゅうろくにん

おもうように
みちすすめず
あきらめかけた
あったけど
夜明よあけまで
長電話ながでんわして
はげましって
わかった

仲間なかまはいつだって
ここにいる
ときにはケンカをしてもわらず
いたり
わらったりしながら
友達ともだち以上いじょう
ささえだった

仲間なかまはいつだって
ここにいる
わたし一人ひとりきりではないんだ
一緒いっしょ
あのほしている
みんながいること
ささえだった

仲間なかまはいつだって
ここにいる
ときにはケンカをしてもわらず
いたり
わらったりしながら
友達ともだち以上いじょう
ささえだった

以上いじょう、チームK16めい
「ありがとうございました」