「洗濯物たち」の歌詞 Team K(AKB48)

2015/1/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
平沢敦士
文字サイズ
よみがな
hidden
日向ひなた庭先にわさき
ピンとったそのロープに
いろとりどりの
れた洗濯物せんたくもの
きれいにならべながらした

はるめいたかぜ
ゆっくりと いま けて
ちいさなくに
はたらしてる
休日きゅうじつごしかた

両手りょうて ばして
こしばして
ちぢんだ自分じぶん
もともどそう

しろいシーツのように
ここで 一息ひといきをついて
かたちからけば
明日あしたまでには
わたしも まっさら

この洗濯機せんたくき
何度なんど まわせばわるかな?
一週間いっしゅうかん
めたいろんなこと
ポンとほうんでつよ

むかし童謡どうよう
なんとなく くちずさみながら
すこよごれた
シャツや靴下くつした
あらったられる

パンパンとたたいて
れたこの
こころのしわを
すべてばそう

しろいシーツのように
だらり そこにをまかせ
そのうちすべてかわくまで
一晩ひとばん れば
わたしも まっさら

しろいシーツのように
ここで 一息ひといきをついて
かたちからけば
明日あしたまでには
わたしも まっさら