「校庭の仔犬」の歌詞 Team KII(SKE48)

2012/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
校庭こうてい片隅かたすみ
一匹いっぴき仔犬こいぬ
教室きょうしつ見上みあげて
だれかをさがしている
おだやかな午後ごご

授業中じゅぎょうちゅうなんとなく
あなたのことかんがえてしまう
鉛筆えんぴつ横顔よこがお
落書らくがきするように…

ほかのクラスの男子だんしなのに
になったのはいつからだろう?
すれちがうそのたび
きゅんとするのよ

まどこうには青空あおぞら
ほそめながらながめて
こころまよんだ
あなたをおもってた

校庭こうてい片隅かたすみ
一匹いっぴき仔犬こいぬ
教室きょうしつ見上みあげて
だれかをさがしている
もし言葉ことば しゃべったら
なにはなすのだろう?
こいはどこからかやって
ちかくを彷徨さまようものね

先生せんせいからてられたとき
チンプンカンプン こたえられなくて
アンビリーバブル あきれられた
集中しゅうちゅうしなさい

サインコサインタンジェントより
ときめいているむねおく
そのこたりたいだけ
うわのそらになる

体育たいいく授業じゅぎょう生徒せいと
だれ無関心むかんしんみたいで
ちいさな訪問者ほうもんしゃ
こえさえけないね

できるなら
このきしめて
あたまでながら
ずっとそばにいたいよ
なにをしにたのか?
わたしにはつたわる
自分じぶんでもづかないうちに
あなたにいにたのね

校庭こうてい片隅かたすみ
一匹いっぴき仔犬こいぬ
教室きょうしつ見上みあげて
だれかをさがしている
もし言葉ことば しゃべったら
なにはなすのだろう?
こいはどこからかやって
ちかくを彷徨さまようものね