1. 思い出して歌詞

「思い出して」の歌詞 The Cheserasera

2014/6/4 リリース
作詞
宍戸 翼
作曲
The Cheserasera
文字サイズ
よみがな
hidden
いたときはそうだった
しろいモヤに
ぼくひとりだけがっていて
ほかにはない

ほしさびしさをおもっていた
昨日きのうゆめ
どうでもくなりてた
かなしくもない

はしった
わけよしもないよ
だって ぼくぼく
たいよ ここをしてと
おもったとき

されたそらうえ
なにもするひまもなしについらくついらく
ああ
けっきょくどこへっても
たれるんだな
このおよんで
だいしにしたやくそく
きみのユビ カラダ
ぶんてたものばかり
おもして おもして

そらうみじるようだ
かいがまばらに
なにらえられずくうてん
ちてくだけ
ゴミやチリとわらないもの
なってしまった
おもったはるかにぼくはちっぽけだな

いのった
よしもないよ
だって そのほかにない
らいたいする
それだけがぼう

うぶごえとおむかし
あげたままでとうにわすれたよ
ありもしないまれた
さがしてるんなら
このおよんで
こうかいばかりするな
れのわたどりんでゆく
それがきみだった
いちきりのいだった

けばいつもそうだった
しろいモヤに
ぼく一人ひとりだけがっていて
ほかにはない

だからはしった
わけよしもないよ
してることもない
らいたいする
それだけがこた

されたそらうえ
なにもするひまもなしについらくついらく
ああ
けっきょくどこへっても
たれるんだな
このおよんで
だいしにしたやくそく
きみのユビ カラダ
ぶんてたものばかり
おもして

されたそらうえ
なにもするひまもなしについらくついらく
ああ
ありもしない生まれた
さがしてるんなら
このおよんで
こうかいばかりするな
れのわたどりんでゆく
それがきみだった
いちきりのいだった