「青い鳥」の歌詞 The Gospellers

2008/3/12 リリース
作詞
安岡優
作曲
北山陽一
文字サイズ
よみがな
hidden
うと上手じょうずえない
りない言葉ことばむねたたくよ
一秒いちびょうごとに横顔見上よこがおみあげて
ひとみおくでまた名前なまえんでる

とおぎる季節きせつなか 僕達ぼくたちかたえるなら
何気なにげないとき欠片かけらさえ かけがえのない未来みらい

それはあおとり こんなにちか微笑ほほえむから
いつか世界中せかいじゅうそら たびをして大人おとなになる
もう一度いちど めぐりえるまで

背中せなかをそっとつめた
言葉ことばはなぜにすべてをしがる
見知みしらぬこえこえたがして
かえれば今日きょうとおくにげてく

めどもなくゆめてた ぼくたちはきずつけうけど
れたおも地図ちずにぎりしめまたゆくのさ

それはあおとり わらない歌口うたくちずさめば
いつか世界中せかいじゅうそら ひびうあのメロディー
ちかうよ めぐりえるまで

ひともとめすぎて なにうしなうだろう
うつくもいかけるかぜ
かさゆるい この地球ほしまわせば

きっとあおとり だれもがすぐにつけるのさ
いま世界せかいのどこかで まれゆく朝日あさひいろ
こころつばさひろげて

それはあおとり きみしんじてくれるのなら
いつか世界中せかいじゅうそら たびをして大人おとなになる
もう一度いちど めぐりえるまで
かならず あの日見ひみゆめと めぐりえるから