「お告げ」の歌詞 The Oystars

1996/12/4 リリース
作詞
船江修
作曲
大串修司,船江修
文字サイズ
よみがな
hidden
おもってたりにはあっさりと OH まったりとトロける脱力感だつりょくかん
心地ここちよい光射ひかりさして 気力きりょく 体力たいりょく 欲望よくぼうさえうば
最後さいご手段しゅだんはいわゆる 社交辞令しゃこうじれい一般的いっぱんてきアリガトウ

天空てんくうのオアシスのほとりで 羽休はねやすめてはたわむれる天使達てんしたち
ぼくむかえにきみは ミカエルそれともまさかルシファー

明日あすへの存在そんざいきる価値かち
せない このにオサラバ

「ちょっとて! おまえ素晴すばらしいじゃないか
えだうえからちておやからはぐれいてたヒナは
たすけたおまえ感謝かんしゃしながら巣立すだってった
いまでは大空おおぞら ばたいているさ」

ひとようおもむき とうとうちまったよ三途さんずかわ
この川渡かわわたればらくになる OH らくになる あたらしい世界せかい

真実しんじつあい清純せいじゅん希望きぼう
かせない このにオサラバ

「ちょっとて! おまえあまったれている
戦火せんかまえははくし さけんだ子供こども
えにくるしみ無邪気むじゃきってく子供こども
一度いちどでもかんがえたことあるのか」

Ah くさおと
Ah さざなみ
Ah 陽炎かげろう
Ah 夕凪ゆうなぎ
Ah 明星みょうじょうお
Ah なま息吹いぶき ちあふれている 我行われい

神様かみさまねがい! ぼくをもどしてよ
あいする彼女かのじょまち
ぼくんでくれた かあさんそしていもうと
まだまだはなしたいことがある――』
所詮しょせん ひとおろかなもの
よくおかされ きずつけったり
ぼくはギターでつたえたい つたえるべきこと

なに一番いちばん 大切たいせつことなのか
なに一番いちばん 大切たいせつことなのか
もう一度一いちどいちからやりなおしてみよう