1. 喉が嗄れるまで歌詞

「喉が嗄れるまで」の歌詞 The SALOVERS

2015/3/16 リリース
作詞
古舘佑太郎
作曲
古舘佑太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
世界中せかいじゅうひとこえなくたってきみだけがくなら
秒速びょうそく季節きせつ さえきれない感情かんじょう いまここではじぶのさ

何故なぜかあのきみわらっていて まるで未来みらい見透みすかしてた
ぼく一人ひとり夢見心地ゆめみごこちでいて ギターをずっとかきらしていた

あせはいってぞらがぼやけてく
なんかやれそうなそんながする

でっかいこえさけんでのどれるまで
たったひとつのこいうたわせてください
ああ いまぼくこえをこのこえだけをただいてくれ

みぎひだりでイヤフォンをわけて きみいたあのメロディ
づいたときにはおもせないほどうすれていてくちずさめないや

あの笑顔えがおもいつかえるなら
今日きょうですべてをつたえなくちゃね

でっかいこえさけんでのどれるまで
自惚うぬぼれていたこいきざんでいたい
ああ なんでもなれてなんにもなれないぼくがここにいる

あせはいってぞらがぼやけてく
なんかやれそうなそんながする

でっかいこえさけんでのどれるまで
たったひとつのこいうたわせてください
ああ いまぼくこえをこのこえだけをただいてくれ

ああ きみぼくうたをこのうただけをただいてくれ