「床には君のカーディガン」の歌詞 The SALOVERS

2013/4/3 リリース
作詞
古舘佑太郎
作曲
古舘佑太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ベッドサイドいつもはなむけど
ひとつになれるのは身体からだだけでさ
こまっちゃうよな

ときたまきみのことこわしたくなるけど
理性りせい邪魔じゃまして普通ふつうにしてる結果けっか
やさしい”だけだよ

今夜こんや何故なぜ一人ひとりいやでさ
わっちゃったあと
かえ君追きみおいかけて駅前えきまえくんだ
明日何時起あしたなんじおき?」ってね

部屋へやもどってすぐにねむってしまったきみ
電話でんわふるえてる だれかがんでるよ
ここにいてもいいの?

寝顔ねがお何故なぜらないひとでさ
めきった部屋へや
毛布もうふをかけてあげて こっそりくんだ
さむくないの?」って
ゆかにはきみいだカーディガン!

はぁはぁ きみのどこがきだっけ?
はぁはぁ きみはどこがきだった?

目覚めざめは何故なぜかなしいほどさわやかで
着替きがはじめた
きみいそがしそうでベッドのなかから
きだよ」ってささや