「Runway」の歌詞 The Sketchbook

2012/9/26 リリース
作詞
多田宏
作曲
The Sketchbook
文字サイズ
よみがな
hidden
してれる機体きたい
いくつもの希望きぼうせて
くもける
さぁどこへでもけるよ
ぼく期待きたいれた
あとすう時間後じかんごには
らない世界せかい
ってるんだ さぁこうか

雲間くもまからんだ一筋ひとすじひかりのように
未来みらい自分じぶんはなひかりらすよ

たとえばこのにずっとにぎったままの
ゆめのドアをけるかぎ
ほかだれでもなくて自分じぶんなんだってことに
がついたんだ このおもいを
とおはなれたきみにもとどくように

しろ答案とうあん用紙ようし
おおきくゆめいて
った紙飛行機かみひこうきげたら意外いがいんでさ
そらぶために必要ひつようだったものは
知識ちしき道具どうぐじゃなくてその「おもい」なんだろう

想像そうぞうえたときぼくたちはゆめるんだ
未来みらい可能性かのうせいあふれてる

かさねた時間じかんだけ臆病おくびょうになるけど
そのぶんつよくもなれてる
どれくらいのおもいで明日あすしんじられるだろう?
不安ふあんれてけばいいよ

まどそとにはほら一筋ひとすじひかり
そしてぼくはあのそらこうへ

たとえばこのにずっとにぎったままの
ゆめのドアをけるかぎ