「バラは散る為に」の歌詞 Tourbillon

2005/11/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いま ちかいをかかげても またあたらしいかぜ
ぼくらのさきにある つめたい時代じだいてまで
いま きみきしめても このいたみがつづくなら
あのそらとどくよ

ひと何故過去なぜかこきてゆくのかい そして
とき何故未来なぜみらい姿すがた うつさない
きみ何故何者なぜなにもの近付ちかづけまいと そして
バラは何故なぜ 自分じぶんさえも ささえきれない

そのトゲに このすから
どうか そのむねゆるして

いま こころからねがうよ あたらしいかぜけず
ぼくらのさきにある ひかりかげえがこう
いま くちづけを わして なお せつなさにたれて
あのそらうたうよ

かぜ何故なぜ さきらずくのかい そして
バラは何故なぜ ためうつくしく

いたいくらいかぜかれたなら
どうか 微笑ほほえみを ぼく

いま きみだけにちかうよ つらぬけそうなことだけを
未来みらいためにある 現在いまかさねてこう
ねぇ くちづけを わしても なお不安ふあんふかめたら
ずっとそばにいるから

いま ちかいをかかげても またあたらしいかぜ
ぼくらの明日あしたにある ぬるい時代じだいてまで
いま きみきしめてる このいたみはふかくなる
永遠とわみだれて