「華」の歌詞 Tourbillon

2005/11/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
七色なないろかぜあざやかになる コバルトのみずうみ あのゆめ

今時空いまじくうえて 雑踏飛ざっととうとえて しずかにこたえを ってる

おもいが無口むくちいたよる かたちえては かれていった
ときが それをうそえたりして 失望しつぼうだけのよるもあった

はかないゆめふちつながれてく時代じだいに いつもだれかがってた
からまりつづけるよう青息吐息あおいきといきまち いつもだれかにこいした

うつくしいはながみだれよう
大切たいせつなものをうしなことさえらずに

千切ちぎれてはくも見上みあげては 孤独こどくさえたのしんだあのころ

それでもきみこえ きたくなるよる何度なんどどもけそうになった

おもいが孤独こどくうたよる 進化しんか途中とちゅううつされてく
何気なにげないきみの そのつぶやきが よぎるよるいろづいてく

はかないはなにおわすれえぬきみにおりにしてた約束やくそく
なまめきつづけるだけ うぬぼれつづけるだけ だれよりかがやくために

このうできみおぼえてるうちに
もう一度強いちどつよきしめさせてしいよ

はかないゆめふち孤独こどくをうつすふち今日きょう一人ひとりっては
せつないむねうちちかったときさきに いつもきみだけさがして

はかないきみにおさったままのにお何度忘なんどわすれようとしても
なまめきつづけるだけ キレイにかせるだけ いつもきみだけさがして

光満ひかりみあふれたときたなら
そばにいてしい きみ理想りそうかせるから