1. 閃光歌詞

「閃光」の歌詞 UA

2002/7/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こんなにやさしい場所ばしょ
っていた
呼吸こきゅうわすように
とどかぜ
貴方あなたさわ右腕みぎうでえが
ラインをかぜおしえてる
何度なんどちりになった
世界せかいはまた
うつくしくらされて
かげをもんで
もないいろをまとう
小石こいしをそっと
おんなひろって
窓辺まどべくよ
つきていた
よるていた
えるそら
じたまま
ける景色けしき
これ以上いじょう
なにればいいの
だからわたし
もうもどらないよ

ねえ 今何時いまなんじなの
ここは何処どこなの
貴方あなただれなの
かえうちはあるの
やさしい人達ひとたち
ころされているよ
もう あと一滴いってき
世界せかいあふれそうだね
もし あのみちみぎ
がらなくて
いつものラインだけ
ただあるいていたなら
貴方あなたいまこうして
うなじをにぎって
むものは
なにかっただなんて
つきていた
よるていた
むねえる羽根はね
くもって
ここを見下みおろすように
たずねるよ
なにくしてるのかと
だれをずっとさがしてるの
おおきくびた
くろつばさから
こぼれちた
1枚いちまい羽根はね
ひかりけて
いろえてくよ
不揃ふぞろいなむねのラインを
真似まね地平線ちへいせん
着地ちゃくちするときを
えるそら
じたまま
ける景色けしき
これ以上いじょう
なにればいいの
だからわたし
もうもどらないよ
むねえる羽根はね
くもって
ここをおろすように
たずねるよ
なにくしてるのかと
だれをずっとさがしてるの
ゆきけるように
わたしおくひかり
貴方あなたひとみおく
一筋ひとすじのラインを
えてくる