1. スノウリバース歌詞

「スノウリバース」の歌詞 UNISON SQUARE GARDEN

2009/1/28 リリース
作詞
田淵智也
作曲
田淵智也
文字サイズ
よみがな
hidden
午前零時ごぜんれいじ回帰線かいきせん きみとどかなかった
最後さいご言葉ことばもあんまり記憶きおくのこってません

火傷やけどしたようなかんじで足跡あしあとだけがのこった
ほんのちいさな約束やくそくしんじてわらいました

よくえばせつないよ 言葉ことばになんてできないし
きっとかぜはこぶよなんてしんじられない

しろゆきそらがりきみむかえる
その景色けしきぼくはいつからかおもえがいてた
かなしいってさ そのこえももうどこかとおくに
いつか、かがやいたゆめなか

ひとのない交差点こうさてん クラクションはらなかった
またひとえてくのもぼくには気付きづけません

ちることのない砂時計すなどけい おとさえしずかにまった
足跡あしあとえてしまうだろうすべてがしろかえります

かなしくないわけないよ 平気へいきだってえたのに
何気なにげないいかけにさえもこたえられない

とおれる影法師かげほうしにあのかさねた
その景色けしきはどこかやさしくにじんでえた
かえれないってさ そのこえももうどこかとおくに
いつか、かがやいたゆめなか

よくえばせつないよ 言葉ことばになんてできないし
きっとかぜはこぶよなんてしんじられない

しろゆきそらがりきみむかえる
その景色けしきぼくはいつからかおもえがいてた
かなしいってさ そのこえももうどこかとおくに
いつか、かがやいたゆめなか

かぜ合図あいずかげ吐息といきももうこえないけど
あの日君ひきみぼくにくれたちいさな約束やくそく
わすれないってさ そのこえがどこかつよひびいて
いつか、かがやいたときなか

ひかりしろぎんとなる
ぼく足跡あしあとはやっとうごした