「水と雨について」の歌詞 UNISON SQUARE GARDEN

2008/1/16 リリース
作詞
田淵智也
作曲
田淵智也
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかきみ街道かいどうちつくしてったことには
海岸沿かいがんぞいは今日きょう歴史的れきしてき大雨おおあめです」
カーテンレールをならべていくような足跡あしあと
そしてそれをおもそうに貧相ひんそうはし最終列車さいしゅうれっしゃを ただながめている

予想よそうをはるかに上回うわまわるフルスロットルをてみたいだけだよ
そうやって世界せかい常識じょうしきがひっくりかえるのをっている

末期性まっきしょう記憶喪失きおくそうしつ ところできみだれだ?

明日晴あしたはれるのはためいきのせいなんかじゃなくて
もっと単純たんじゅんめいたシンフォニー
わる信号しんごうだまされてるようじゃきみだってまだまだ

スライドする、スライドする、光景こうけい
らいでいく、らいでいく、水槽すいそうに、ちる

いつかきみ街道かいどうちつくしてったことには
海岸沿かいがんぞいは今日きょう歴史的れきしてき大雨おおあめです」

末期性まっきしょう三半規管さんはんきかん たして其処そこ何処どこだ?

八月はちがつ前日ぜんじつきみまぼろしだって気付きづいたけど
わらない信号しんごう らいでいく水槽すいそうに、ちる