「あしあと」の歌詞 UNIST

2014/1/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まぶしくひかった未来みらい ってわかれた過去かこ
その狭間はざま現在いまが “ぼくらのしるし”になっていく

うつわったかぜにおいにづく
たしかに季節きせつえずながぼくらそこできている
不安ふあんばかりうつあらたな日々ひび
今同いまおなじように戸惑とまどきみ 想像そうぞうしておもわずわら

ヒラリヒラリ ゆれるおもいをまた
ひとひとたしかめながら
まぶしくひかった未来みらい ってわかれた過去かこ
その狭間はざま現在いまが “ぼくらのしるし”になって
背伸せのびしてかたったゆめ かなえてまたえるまで
れないバス ながれる景色けしき この日々ひび一度いちどきりの
Endless Story

ダンボールからのぞくアルバム つけまたおもへと旅立たびだ
ケンカしたかえみちも バカさわぎだった教室きょうしつ
流星群追りゅうせいぐんおったよる校舎こうしゃ 名前なまえきざんだびたロッカー
かたくんでわらいながらいた 卒業式そつぎょうしきわた廊下ろうか

フワリフワリ かぶ記憶きおくをまた
ひとひとりながら…

うまくいくこと そうはなくて
ゆめへの距離きょり痛感つうかんする日々ひび
きずだらけ どろまみれ この坂道さかみちこうヘ
てなんかないぼくらの物語ものがたりつから

まぶしくひかった未来みらい この背中せなかそっと過去かこ
その狭間はざまきざんだ現いま}が“{僕在ぼくらのしるし”になって
10年後ねんご かなえたゆめ 自慢じまんしてわらぼくらは
きっといま感謝かんしゃするだろう まだはじまったばかりの
Endless Story