1. キエナイ花火歌詞

「キエナイ花火」の歌詞 UNIST

2014/1/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
き がいつからかかかえきれず
“このなつ 絶対伝ぜったいつたえよう”めた…

そば時間じかん長過ながすぎて
特別とくべつ笑顔えがおづけなくて
そんなシャイなほうではいけど
いつもつたえるタイミングがくて
さりげなくさそえたまつ
浴衣着ゆかたきれるねっ』て無邪気むじゃきにはしゃぐきみ
明日あしたへのかえみち

そうこうしているあいだにも
ぼくらの二度にどなつがほら
ぎていく

夜空よぞらいたなつ花火はなび
むねえがいてきみおもった
こころのスキマめてくよう
やさしくきみゆめわらった
かけがえのないなつ

約束やくそく場所ばしょいた10分前ぷんまえ
おれくとすでにそこに
浴衣姿ゆかたすがた波打なみう鼓動こどう
絶対ぜったいにバレたくない衝動しょうどう
わざとなくおれ
はぐれない様袖掴ようそでつかきみ
ずっとずっとまもってやりたいと
おもった

ah~ いつもよりも大人おとなびた
そのれたあかくちびる
れたくて

夜空よぞらいた なつ花火はなび
きみひとみに キレイにうつった
キセキをめた放物線ほうぶつせん
ぼくらをらし ほしわった
かけがえのないなつ

七色なないろ びながらわらうその一秒いちびょう わすれない わすれない わすれない
なにらずけてくれたきみきなひと

もどれぬ日々ひびなつ彼方かなたきみおもった だれかのもと
仲間なかまったきみきになったうみもどれないはるとおくヘ

夜空よぞらいたなつ花火はなびえないままで むねのこった
やみえがいたぼくのハナビは かないままでむねのこった
オワレソウモナイなつ

き がいつからかかかえきれず
“このなつ 絶対伝ぜったいつたえよう