「夏の終わり」の歌詞 USAGI

2014/9/3 リリース
作詞
杉山勝彦
作曲
杉山勝彦
文字サイズ
よみがな
hidden
なつわり ひとみんな
大人おとなになってく
その言葉ことば意味いみすこ
かったがしているよ

みじかくなるひかり
すこさびしいまち
赤信号あかしんごう まっててる

素直すなおおもつたえきれず
すれちがったきみ
ひとさがしたりしながら

無理むりをしがちなきみのこと
心配しんぱいしているよ
すこつめたいかぜ ゆるやかにいてる

なつわり
きみこえこえたがして
どうしてだろう となりにいた
あのよりおもってるよ
つぎのドアをけたかぜ
あまりにやさしく
またわらってえるように
ぼく背中せなか

アスファルトがびたねつ
そらえてくけど
そこらじゅうひかってるおも

おなまち何処どこかでいま
きみてる風景ふうけい
さびしくない場所ばしょだったならいな

とおくにいるわけじゃないのが
尚更なおさらさびしくて
こころなかきみんだりする

なつわり ひとみんな
大人おとなになってく
その言葉ことば意味いみすこ
かったがしているよ
どんなとき何処どこにいても
きみ味方みかただよ
あのきみえなかった
おもいがいまこぼれた

ざわめく 交差点こうさてん
青信号あおしんごういまともって

なつわり
きみこえこえたがして
どうしてだろう となりにいた
あのよりおもってるよ
つぎのドアをけたかぜ
あまりにやさしく
またわらってえるように
ぼく背中せなか

それじゃあまた
こころなか きみって
ある