「最終バス」の歌詞 USAGI

2015/5/13 リリース
作詞
上田和寛
作曲
上田和寛
文字サイズ
よみがな
hidden
さむさをしのぎながら はるちわびている
さくらつぼみたちに まちあかりがスポットをあててる
いつしか きみがいること たりまえになっていた
たよりないぼくのこと いつもきみらしてくれた

あとすこしで さよならだね
笑顔えがおくはずだったのに
わかぎわに どうしてこんなにも
おもげる

最終さいしゅうのバスがたのに
それなのにきみを まだはなせないでいるよ
このなみだかなしみじゃない
きみ出逢であえたことに ありがとう

ぼくらがつめるのは たがいの姿すがたじゃなく
きっととお未来みらいつめることで 大人おとなになる

バスのドアがまっていく
スローモーションにえたよ
きみえるその瞬間しゅんかんまで
った った

それぞれの日々ひびごしても
こころなかでいつもきみおもつづけるよ
このなみだかなしみじゃない
きみ出逢であえたことに ありがとう

どれだけとおはなれても このそらつながっているから
かえらない かえらない

最終さいしゅうのバスでかうよ
ぼくえがいたゆめきみねがいをれて
このなみだかなしみじゃない
きみ出逢であえたことに ありがとう
はるかぜがもうすぐ ころ
最終さいしゅうバスにられて…
La la la…