1. オトノハ歌詞

「オトノハ」の歌詞 UVERworld

2008/1/16 リリース
作詞
TAKUYA∞
作曲
TAKUYA∞
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめかなったようにみえるぼくたちも
きみおなじ うまくいかないことのほうがおおいんだ
たたかうことにつかれて 自分じぶんけてよるもあるし
こたえをさがしてきている きみおなじなんだ

だから
けそうなときは ぼくらのうたおもしてみて
きそうなよるには わらいあえたことおもして
ひとりのよるぼくらが出会であえたことおもして
明日あしたはきっとなにかがわる

あいするものをくすと づいてたとしても
ここにつことを ぼくのぞんだだろう
100万人ひゃくまんにんへのうた自己満足じこまんぞくだけのうたもいいけど
それよりいまきみとどうたうたおう

だから
けそうなときは ぼくらのうたおもしてみて
きそうなよるには わらえたことおもして
ひとりのよるぼくらが出会であえたことおもして
明日あしたはきっとなにかがわる

ぼくあいしてくれたことを いつまでもわすれはしないよ
つまづいたとき ささえてくれたこともわすれはしないよ
ただの偶然ぐうぜん出会であいとわれても それを運命うんめいびたいんだ
明日あしたもずっとうたうから

いろあせぬねがいをとどけとうたうけど
それをいて自分じぶんえるのはきみなんだ

自分じぶんえるのはきみだから

明日あしたはきっとわるから