1. コロナ歌詞

「コロナ」の歌詞 UVERworld

2009/2/18 リリース
作詞
TAKUYA∞
作曲
TAKUYA∞
文字サイズ
よみがな
hidden
60兆ろくじゅっちょうぼくになすべての視覚的細胞しかくてきさいぼうやしてしいんだ
はいになるほど くしてくれよ ぼくひそむコロナ

みちづれさがし space walk
夢中むちゅうになれた玩具がんぐ そこまであと一歩いっぽ
あからさまに destiny cloudy
価値観かちかんなんてそうさ ヒナどりおや法則ほうそく

ちがう ちがう これじゃない けない理由りゆう
ぼく破壊的好奇心はかいてきこうきしん不感症ふかんしょうだ…

60兆ろくじゅっちょうぼくになすべての視覚的細胞しかくてきさいぼうやしていたいんだ
おなかずほどだけの 銀河ぎんがうみのようなひとなかすこしそれをかんじたんだけど
もっとヤバイものをさがしてるdelinquent boy

さっきまでのいきおいはいな もういや
明日あすへのパスポートやぶって けてある
かえったところで ぼくにはなにいや
砂時計すなどけいひっくりかえわけさがしている

ちがう ちがう これじゃない けない理由りゆう
すコロナよ くすほどに もうっちゃって

60兆ろくじゅっちょうぼくになすべての視覚的細胞しかくてきさいぼうやしていたいんだ
おなかずほどだけの 銀河ぎんがうみなか あのひか天体てんたいにも寿命じゅみょうわたされた
てみたいな このほしのクライマックスを

ほしって まばたきをめて 期待きたい脈打みゃくうって ためいきわる
よるになって 意味いみくし まるくなって やみるのを
とりになって むかえにこうか 西にしいてべばよるない
ちこめた 低気圧ていきあつ時代じだいまたいで
まえならわずえたのが そう コロナ

60兆ろくじゅっちょうぼくになすべての視覚的細胞しかくてきさいぼうまれたと同時どうじ
百発百中ひゃっぱつひゃくちゅうぼくつエンディングが 何処どこでどんなかたちおとずれるとしても
のぞむはヤバイくらい 想像そうぞうもつかないほどのクライマックスを

ほしるたび まばたきをめる
コロナ ぼくくすほどに