1. 哀しみはきっと歌詞

「哀しみはきっと」の歌詞 UVERworld

2009/10/28 リリース
作詞
TAKUYA∞
作曲
TAKUYA∞,平出悟
文字サイズ
よみがな
hidden
こころだけは てないよ
これがわりだとしても だれにもおもとか希望きぼううばえない

かさねたときぬくもりをイメージして
つらときほどほら わらってみせるよ

いつもぼくいや事一ことひとつで かった事全部ことぜんぶわすれてしまいそうになるけれど
すこしずつつよくもなって おもいを おもいを

てないほどかなしみが ぼくえらんだとしても
だれかが この運命うんめいのクジを背負せおうなら
ぼくけてきるだけのひとになりたくない
つらいのはかってるけど 明日笑あしたわらえるように

運命うんめいのこよりは めぐるゲームのように
ふられたサイにほら ひとてられた運命みち 辿たどって

このうつすべてのものうばわれたりくしたりするけれど
きみがくれた言葉ことばだけは だれにもうばえない

なにえない暗闇くらやみあいえたよるには
ねむりにつくまえきみおも
明日君あしたきみ一緒いっしょくもさがしにこう
無理むりなのもかってるけど 今日きょうよりちょっとはすすむために

素敵すてきなものにでも どんなにつらくても いちいちうれいていられない時代じだい
らくつらときほうながかんじる いや相対性理論そうたいせいりろんなかごす

そらながめ ゆっくりとかぶ はぐれぐも
いつかのぼくみたいだね きみ声探こえさがしてるよ

サヨナラはわないことにしよう これがわりだとしても
自分じぶんでさえ 希望きぼうとかこころとかってうばえない
一日いちにちわりねむまえ明日会あしたあえるかな?とか
無理むりなのもかってるけど あいこころのどなか
だれにもうばえないから 明日あしたわらってむかえるために

ふわふわ はぐれぐもぼく憂鬱ゆううつともながれて
おなくもに まただれかが「自分じぶんみたい…」ってかさねるのだろう