「THE OVER」の歌詞 (TBS系ドラマ『黒の女教師』主題歌) UVERworld

2012/8/29 リリース
作詞
TAKUYA∞
作曲
UVERworld
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごまで うそついてまで 一人ひとりになろうとするんだね
なにもかもいやになってしまうほど 自分じぶんことりすぎているから
いつからかぼくはもう げようとしてた

なにいのに かくずっとかなしくてたまらなかった
こんな時代じだいで ありのままできてけるわけなんてかったし
大切たいせつきみだけは うしないたくないから 本当ほんとう自分じぶんかくして またつくろって
ぼくはいつかうしなってしまう かってるからもどかしいよ

テレビのなか俳優はいゆう大富豪だいふごうやビッグスターなら
きみ満足まんぞくさせれるだろう そしてしあわせにもするだろう
でもぼくきみおもうしかぼくきみおもうしか
つたえようとして そらながまる
かさをさすかどうかまよほどあめ おもりのさは ぼくのようだった

あきらめながら きて毎日まいにちなにをしてもかなしいだけだった
だれよりもあいされたいのに 一人ひとりになろうとしていたこと
大切たいせつきみのためだったよ

つたえたい気持きもちはあふれてくるのに 言葉ことばにすればするほど ちがって
それが もどかしいんだよ

一番幸いちばんしあわねがって 一番哀いちばんかなしませてそうで
自分じぶん自信じしんかった できるだけ一人ひとりきて
でもきみだけがはなせない なぜきみだけがはなせない
一人ひとりじゃないと 理解りかいしてしまった感情かんじょう
おさえきれないと みとめたときに なぜなみだたのかはからないけど
よくれば 青空あおぞら青一色あおいっしょくじゃ
その複雑ふくざつさは こころうつしたようだ

未来みらいかうボートにって オールでぼくからすればうしろへすす
ぼくにはすすさきえない でも きみかいにすわってていてくれるなら
何処どこ辿たどいたって 辿たどかなかったとして
未来みらい想像そうぞうすれば だいたいしあわせだった
ああ きだよ きみぼくえらぶなら もうはなそうとしないよ

としをとりって 言葉ことばさえうしなって
二人過ふたりすごした日々ひびきみわすれてしまったとき
わらずにぎりしめ わってきみささえて
最後さいごまでこころ対話たいわして まもやさしさをあたえていくよ
いつまでもきみおもうだろう 最後さいごまでおもくだろう
一人ひとりじゃないとかんじさせてみせるよ

どんなに言葉ことば意味いみ調しらべても どれほどつよくイメージしてみても
一人ひとりきりのままじゃ れなかった
あの さがしてたあいきみそのものなんだ

だれもが自分じぶんえられる OVER
一人ひとりになんてさせやしないよ OVER

さあ すべてをえる OVER