「THE SONG」の歌詞 UVERworld

2012/8/29 リリース
作詞
TAKUYA∞
作曲
UVERworld
文字サイズ
よみがな
hidden
川辺かわべながれる一枚いちまいっぱみたいだね
平凡へいぼん日々ひびなか
そんなふうにしかえてなかった
小説しょうせつになるようなものじゃいが こいわかれもゆめ
いくつもこのからすりひとつだけはなさなかった

なにたつもりで なにちゃいなかった そんな日々ひびつづいていたから

にあるすべてがありきたりだった 特別とくべつなものはなにかった
いつもすこおくれておとずれる後悔こうかいづきながらおびえていた
ガムシャラな十年じゅうねんからこと一瞬いっしゅん十年じゅうねんはかな
あるつづけた まだ此処ここではわれないと
ありきたりな日々ひび特別とくべつわってくように

ときすべ努力どりょくむくわれてる そんながした
ときすべての 無意味むいみすなげる作業さぎょうえた
本当ほんとうつよさとはなに本当ほんとうよわさとはなに
永遠とわあい なぜ必要ひつようなのか 百年ひゃくねんそこらのいのちなか

わかさをあたえられて 何故奪なぜうばわわれてくのか
結局けっきょくのところからないけれど

ただうたこと意思いしさけことふるえるほど情熱じょうねつかんじた
平等びょうどうぎてすべての時間じかんなんなのかからないけど
あつきた十年じゅうねんからことは どれほどひとわってけるか
だれかの理解りかい 理由りゆう なにもいらない
ただその感覚かんかくたましいふるわせきて

出来できわけなんて もう
完璧かんぺき状態じょうたいたたかえてるやつほうすくない
だいなりしょうなりきず仕方しかた
それにしても随分ずいぶんたくさんの 大切たいせつなものたちうばわれてしまったけど

まだうしなうわけにはいかないよ どんな未曾有みぞう悲劇ひげききても
あい ゆめ 理想りそう 希望きぼう それがどんなにも 素敵すてきことおもして

のこされた時間じかん 才能さいのう 運命うんめいめた限界げんかい此処ここだとしても
したがうつもりはない 理解りかい 理由りゆうもいらないよ
ただこの感覚かんかくたましいふるわせきて