「YURA YURA」の歌詞 UVERworld

2009/2/18 リリース
作詞
TAKUYA∞
作曲
彰,TAKUYA∞
文字サイズ
よみがな
hidden
もどれないことを覚悟かくごして YURA YURAとれる至純しじゅんひかり
最後さいご言葉ことばさがうつくしさのなか

あたりを見渡みわたしても このにいくらの価値かち見当みあたらない
一瞬いっしゅんえるような あさはかなあいばかり
うそをつけば あのしたかれてつぐないなんてね
それこそが つぐなわれるべきうそ

ひまいくらい かなしいうた もとめてんだね
時代じだい似合にあわないうたさがしてある

もどれないことを覚悟かくごして YURA YURAとれるカゲロウを
みぎへならえをやめて かくしたナイフをつめた
むねをえぐる言葉貼ことばはにわ悪魔あくまそだつ このまちじゃ
最後さいご言葉ことばもCrying

あいするひとのことさえも ここぞってとき
しんじられなくなることもひとよわさだろう

わしたくはいんだよ 結末けつまつえる
たされないことが 大嫌だいきらいなんだ

もどれないことを覚悟かくごして なにもかもがよごれているけど
てたもんじゃないよと うつくしさもうたっていたい
としかさねるのもわかさも 言葉ことばにならぬ 本当ほんとう神秘しんぴさで
つよくてうつくしい tiny soul

れるこころ 今至純いましじゅんひかりみちびいたそのさき
かくったそのナイフで 自分じぶんあわれさを

もどれないことを覚悟かくごして なにもかもがよごれているけど
てたもんじゃないよと うつくしさもうたっていたい
としかさねるのもわかさも 言葉ことばにならぬ 本当ほんとう神秘しんぴさで
つよくてうつくしい tiny soul

ねぇもっと かなしいうたなんかより 希望きぼうちたこえかせたいよ