「メジルシの記憶」の歌詞 V6

2003/3/19 リリース
作詞
S.O.S,小林夏海
作曲
山口寛雄
文字サイズ
よみがな
hidden
えないよる平気へいきだよ と
きみは あの時空ときそら見上みあげた
ビルのすきまにひかほし
2人ふたりのメジルシ」 とわらってた

すこしずつえて矛盾むじゅん
あやふやなわけかかえたまま
すれちが人波ひとなみに はぐれて
くすそのたびにきみこえが…

しんつづけたぼくらの未来みらい
いまも まだとおがしてるよ
たったひとつの あのほし
このそらかがやいてるかぎ

約束やくそくなんてしなくたって
いつもとなりきみがいたから
ほしえないよるでさえも
あるいてけるとおもってた

すこしずつ すりってく自分じぶん
いつだってだれかのせいにしては
くりかえ日常にちじょうながされ
まるそのたびにきみこえが…

しんつづけたぼくらの未来みらい
いまもまだ さがしているけど
たったひとつの あのほし
このむねかがやいてるずっと

そして今日きょうもそれぞれが
えらった その場所ばしょ
きみも…

ぼくえがいた あのころゆめ
いまも まだくらやみこう
いかけるほどげてくけど
くさない これからも ずっと

きみいまどのほしてる?