1. 僕と僕らのあした歌詞

「僕と僕らのあした」の歌詞 V6

2007/1/31 リリース
作詞
竹仲絵里
作曲
竹仲絵里
文字サイズ
よみがな
hidden
づけばぼくいくつものえきとおぎて
うつろいでいく 景色けしき戸惑とまどいながら けた

かなしみは伝染でんせんするから わらっていたよ まよいもがきながら

このとびらこうがわあたらしいあさしんじてた
ひとりできていけることが つよさだとおもっていたあのころ

いてしい」とされ つよきみせたなみだ
結局答けっきょくこたえはせなかったけど ホントはすごうれしかったんだ

みる朝日あさひなか かたったうたこえるよ

どんなにつらよるだって えた足跡あしあとは ひとつじゃない
そうさぼくらは ひとりきりでつよくなる必要ひつようなんてないさ

ゆめわたはしまえあしがすくんでしまっても
ぼくはじまりのちかったんだ

きみ出逢であえてかったよ 形無かたちないものを しんじられた
ボールを夢中むちゅういかける 少年しょうねんひとみのように

あのころおさなぼくいまならえることがある
そうさぼくらは ひとりきりでつよくなる必要ひつようなんてないさ