1. 愛をこめて歌詞

「愛をこめて」の歌詞 V6

2012/8/8 リリース
作詞
Takuya Harada
作曲
不明
文字サイズ
よみがな
hidden
きかけでめた手紙てがみまるめることでもう
きみにサヨナラしたとおもいこもうとした
だれよりもはやきみいたみにづけず
だれよりおそあいづいた

いつだってぼく大事だいじなことからをそらしてきていたけど

もう一度いちどだけきみのもとへ あいをこめてくから
精一杯せいいっぱいおもいをまっすぐにつたえよう
ちからをこめてきしめたら もうずっとまもつづけて (長)ゆくよ
わりはしないもう二度にど

かったようなことってはごまかしていたね
まるでむなしくえた言葉ことば湯気ゆげのように
だれよりもふかきみわかっているよ」と
そんなあさ言葉ことばえてく

もしいまだったらきみからのSign 何一なにひと見落みおとさないのに

もう一度いちどだけきみのもとへ あいをこめてくから
むねいっぱいにあふれる心意気こころいきせよう
ちからをこめてきしめたら もうずっとまもつづける
けっして はなしはしないもう二度にど

(森)何歳いくつになってもまだ (坂)ホント単純たんじゅんなことだけで
(坂/森/長)こんなにも (長)しあわせなんだっておも
(三)この瞬間しゅんかんをいつまでも (三/岡)わすれないでいよう
(岡)きみがいて (岡/三/森)本当ほんとうかった

もう一度いちどだけきみのもとへ あいをこめてくから
精一杯せいいっぱいおもいをまっすぐにつたえよう
ちからをこめてきしめたら もうずっとまもつづけて (岡)ゆくよ
わりはしないよ

もう一度いちどだけきみのもとへ あいをこめてくから
むねいっぱいにあふれる心意気こころいきせよう
ちからをこめてきしめたら もうずっとまもつづける
けっして はなしはしないもう二度にど

けっして はなしはしないもう二度にど