1. 花火歌詞

「花火」の歌詞 VANILLASKY

2010/8/11 リリース
作詞
ROMACHA,TADD,松本有加
作曲
ROMACHA
文字サイズ
よみがな
hidden
がれ夜空よぞら
いつまでも二人ふたりらして

この宿命ほしにうまれてきみ出会であって
まるで運命うんめいみたいにこいにおちた
何度なんどもキスをして
こわれるほどって
永遠えいえんちかったあの

はしきみ 花火はなびおと 子供こどもみたいに
「この場所ばしょえるよ」とうれしそうに
でも何故なぜだろう
今思いまおもえばあのとき
そら見上みあげる横顔よこがお大人おとなえてた…

もうどれだけの時間とききざんだのだろう…
まぶたのうらえがかれたきみ笑顔えがお
しろ浴衣ゆかたすそ
どろだらけになって
無邪気むじゃきいて
あまかおきみかお
くちびるのこるこのぬくもり
何気なにげなくごした日々ひびなか
りのままの『あいかたち

夜空よぞらいた一輪いちりんはな
いまでも二人ふたりらしたまま…
わすれることなんか出来できないよ
おもいだすいつかのなつ
きみはなれてしまわぬよう
人波ひとなみながされてしまわないよう
つないだぬくもりがえてしまわないように…

どんなにつらくても えられた
しんじてくれるきみがいたから
やさしく つよあいされたこと
かんじている いまでも…

かなわぬねがいとわかっても
ゆめでもいいからきみいたい

夜空よぞらはこかぜのにおい
えてもつめてた
ちるひかり一人ひとり
いかけてたどこまでも
いつでも夢中むちゅうになってきみだけを

戸惑とまどいもせず時間ときはただながれて
戸惑とまどいながら二人ふたりはなれて
気付きづかぬうちに一人ひとりでいることにれてしまって

なつ夜空よぞらすごまぶしくて
ぎた季節きせつはとてもはかなくて
おもはいつまでもかがやいて
でもおもいだすとただせつなくて

たとえば今時いまときもどせたなら
ぎた時間じかんもどせるなら
きみがいればなにもいらない』とねがった
夜空よぞら花火はなびいてた…

この宿命ほしにうまれてきみ出会であって
まるで運命うんめいみたいにこいにおちた
何度なんどもキスをして
こわれるほどって
永遠えいえんちかったあの

おなそら もしきみてるなら
とおはなれていても つながる
つたえたいおもかかえたままで
どこへもけないから

つたえたいおもかかえたままで
花火はなび見上みあげていた